なぜ、この会ができたか   


この会が設立された、その理由。


いま、日本の従来のマーケティングは「 すでに、死んでしまっている。」とさえ言われます。これまで売上の増大に酔ったマーケットの大量実績は、最近で

はほとんど見失われてしまっている、と見ることができるでしょう。この動向を呼んでしまった原因は、当然、数多く挙げることができるわけですが、昔と違っ

てこのごろのマーケティングが強い効果を挙げなくなっている、とくに個人消費不振の最大の理由が、幾つかあります。


まず第1に、「 顧客の潜在的な欲求が個性的に細分化していて、大量な一律的供給が困難になっている。かんたんに言えば、一義的にはそのサービス

が飽和・充足状況となった現実 を背景にして、「 供給者側の考え方を、これまでと逆に、顧客側が精密に、冷たく観察・評論しやすくなっている ため」 と

いえます。多くの顧客が世界的な製品知識、マーケット事情、売場展開、の詳しい感性情報を持っているのに、実際には供給側の知識や開発力が顧客

に追いついていない。メーカー、流通、売場までが、顧客ほどは明確に潜在感性を把握していない実情が指摘できるでしょう。供給側がすべて主導だっ

た在来とは主客が置き代わった、「 潜在感性の時代 」であることが断定できるわけです。


こうしたマーケットの中では、顧客から学ぶというマーケティングの基本的教訓は残っているものの、これまでの「教科書的なシステム・マーケティング」 の

実務は、もう活性的な影響力を持てない実情が、明確に再認識される必要が不可欠となります。それでは21世紀はどのように、市場活動して行くべきな

のでしょうか。 私たちは、これまでのルール軌道化したマーケティング手法を捨てて、できるだけ多くの顧客の潜在動向から確実に発想を開始する原点


からスタートしなければならないのですが、それは調査や単純な経験からは容易には把握できないことが最初の壁となります。


「 ほんとうに求められている方向 」「日本人の明日が真に希求している生活」というものが、そのキイワードとなるでしょう。21世紀の先進マーケティングは、

これまで試行されなかった新しい目標達成の構築技術で開花させ、仕上げる手法が必要、といえます。そこでの創成新技術は緻密な「 LCM--レイテント

・コンストラクティブ・マーケティング Latent-constructive Marketing 」、確実な感性動向に交流し合って、むしろ科学的なアイデアでマーケット対策を推

進して行く、革新技法が発揮されなければなりません。そして企業や行政は、あたかも新しいマーケティングを主唱しているような偽者の教科書的・また

は、「思いつきのマーケット・プラン」 に、騙されてはいけません。


とても残念ながら、すぐれた特殊新技能を持つ専門能力者は微々たる数、と言わざる得ませんし、その方向は何となく共感しながらも現実では勉強中の

実務者も、稀少な現状ではあります。こうした変革の世紀に突入して、重要技能の能力者と研究者が集結して、これからの企業・行政活動、今後の地域・

産業、さらにこれからの社会、これからの政策・戦略を、本来無ければならない、ほんとうに期待される活性マーケットや、環境を構築して行かなくてはい

けない、と考えるのです。この目標と手法討議を重ね、話し合いも続けて、私たちは「 日本マーケィング・プロデューサー協会 」という機能を設立し、運営

を継続しています。これからの新時代のマーケット・プロデューサーの役割は、製品化や販売の支援だけにとどまらずに、「 地域の新しい構造変革 」や、

「 社会環境の創造育成」にも力を注いで行かなくてはなりません。


数多くの目標と責任とを背負って、必ず成果を実現する技術を、時代のために努力することを志して、忙しい活動を毎日積み上げています。

寄せられる多くの方々のご声援を感謝し、今後もご交流を期待いたします。     
(1994年10月、会創設にあたって)







All Rights Reserved by Japan Marketing Producers Association Ⓒ MPA 2009.

なぜ、会ができたか。

この会のこと。

この会のこと。

どんな活動を ?

この会は ……

なぜ、会ができたか。

会から「あなた」への手紙。

会から「あなた」への手紙。

会に訊ねたいこと。

TOP扉頁へ

協会メンバー